インプラント治療に使用する機器

MENU

インプラント治療に使用する機器

インプラントとは、失ってしまった歯の代わりに、
人工歯を埋め込む、高い技術力を伴う難易度の高い治療法です。
そのため、技術力の高く経験豊富な歯科医がいる歯科医院を選ぶ事も重要ですが、
インプラント治療に使用する機器が充実している事も重要です。
では、インプラント治療に使用する機器にはどのようなものがあるのか紹介したいと思います。

 

「電動麻酔器」は、手動の麻酔注射と比べると、
麻酔の量や注入速度を機器がコントロールしてくれるので、痛みを軽減する効果があります。
「歯科用レーザー」はメスを使用するよりも、
治療時の痛みや出血が少なく、回復も早いというメリットがあります。

 

「マイクロスコープ」は、口の中は狭くて暗いため、
肉眼では目視しにくい根管内の様子や、歯の細かい凹凸を見る事が可能です。
そのため治療の精度がアップし、安全性が高い治療を行う事が可能になります。
「歯科用拡大鏡」マイクロスコープも歯を拡大出来る顕微鏡なので、拡大鏡と似た役割を果たします。
ただし、状況によって使い分ける事で、
より精度の高い治療を行う事が可能になります。

 

「セラビームアフィニー」は特殊な紫外線をインプラントの表面にあてる事で、
インプラントの性能がアップし、骨との接触率が高くなります。
そのため治療の成功率がアップしたり、
治療後の治癒期間が短縮化するなどの効果をもたらすインプラントの最新機器です。

 

このように、技術力のある歯科医が、最新のインプラント機器を使用する事で、
治療の精度はさらにアップし、安全に治療が行えるようになると言えるでしょう。

 

矯正治療に特化した専門の歯医者 板橋区役所前ゆい矯正歯科の情報