インプラントとMRI

MENU

インプラントとMRI

年齢を重ねていくと、健康診断の重要性を実感する人も増えることでしょう。
病気は早期発見するほど治療の選択肢も広がり、完治の可能性も高まります。
大泉学園近くのセラミック治療が評判の医院
そんな健康診断を重んじる皆さんにとっては、インプラントという異物を口内に埋め込むことはマイナスのイメージかもしれません。
今回は、インプラントとMRIの関係について詳しく見ていきましょう。

 

MRIは身体を輪切りにしたような映像を撮影する機器ですがその仕組みについて詳しく知っている人は少ないかもしれません。
端的に述べてしまうと、MRIは身体の水分と磁気の反応を利用することで、あのような映像を撮ることが出来るのです。
MRIを撮影する前段階で、磁気に反応する金属でできたアクセサリーを外すように注意を促されるのもこれが原因と考えられます。

 

では、インプラントに話を戻しましょう。
インプラントは人工的な義歯の一種であることは間違いありません。
歯槽骨にテクスチャーを呼ばれる部品を埋め込み、その上に歯冠のパーツを被せるのです。
テクスチャーにはチタンを主原料とした素材が使われることも多く、歯冠のパーツも金属製のものがあります。

 

MRIと金属の関係を考えてみると、磁器に反応して熱を帯びるのではないかと不安に思う人もいることでしょう。
しかし実際には、インプラントとMRIが反応したことが現認で被害が出たという報告はなされていません。
そもそもインプラントにおいて最も大きなパーツであるテクスチャーを構成するチタンは、磁器を帯びにくい性質なのです。

 

またインプラントの歯冠部分にあたるパーツもセラミックをはじめとした時期の影響を受ける可能性が低いもので構成されています。
こうしたことからも、インプラントをしているからといってMRIに過剰反応する必要はないということがおわかりいただけることでしょう。

関連ページ

インプラント周囲炎とインプラントの寿命
インプラント周囲炎とインプラントの寿命
骨が足りなくてもインプラントは可能?
骨が足りなくてもインプラントは可能?
インプラントの可能性を広げる骨移植
インプラントの可能性を広げる骨移植
インプラント手術前に知っておきたいこと
インプラント手術前に知っておきたいこと