インプラント周囲炎とインプラントの寿命

MENU

インプラント周囲炎とインプラントの寿命

インプラントの治療を行い、まるで自分の歯のように、
快適に暮らす事が出来るようになったと、満足している人も多いでしょう。
インプラントの寿命は、丁寧に扱えば半永久的に使えると言われています。
しかし実際には、素材やメンテナンスによって、寿命は大きく異なってきます。

 

インプラントは人工歯だから、もう虫歯になる事も歯周病になる事もない。
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
しかし、インプラントでも歯周病とよく似た症状が発生する可能性があります。
それはインプラント周囲炎と呼ばれる症状で、インプラントの歯垢や歯石が原因で起こります。
インプラントは、人工歯のため、神経がありません。
そのため、歯周病のように自覚症状がありません。
自然治癒するものでもありませんから、自覚症状がないまま症状はどんどん悪化してしまいます。
症状が悪化すると、インプラントの寿命が短くなり、再手術が必要になるケースもあります。
そのため、インプラントでは定期的なメンテナンスをしっかり行い、インプラントの寿命を延ばしましょう。
インプラント治療ならオーラルデンタルクリニック川崎にまず問い合わせをしてみましょう!

 

あまりに早い段階で、インプラントの寿命が来た場合に、
考えられる事は、メンテナンスに問題があるか、
インプラントの技術力が低い場合です。
インプラントの治療の技術は、歯科医により大きく差があります。

 

本来半永久的な寿命があるはずのインプラントの治療で、
再手術が必要になる場合、前と同じ歯科医をそのまま選ばず、
一度他の歯科医にも相談をしてもらう事をおススメします。
料金の安さだけで選ぶと、質の悪いインプラント治療を受けるリスクが高まるので、技術力で選びましょう。