インプラントの可能性を広げる骨移植

MENU

インプラントの可能性を広げる骨移植

インプラント治療をする際に、歯科医師が確認するのはお口の中の健康状態だけではありません。
皆さんの顎の骨がインプラントを埋め込むのに耐えうる厚さを保っているかもチェックしているのです。

 

インプラントはテクスチャーと呼ばれる骨の根元にあたる部品を埋め込むことが手術の大分部分を占めます。
テクスチャーを支えられる厚さの骨が無い人は、残念ながら手術を断念するという光景も一昔前までは存在しました。

 

しかし最近は骨移植によってその問題を解決することが可能になっています。
骨移植は通常GBRとも呼ばれており、患者の骨の一部を顎に移植したうえで、人工の素材を被せて保護するというものです。
自分の骨を使う理由としては、骨本来が持つ結合力や、骨格子がくっつくことで骨が再生していく力を活かして、顎の骨を増やしていくことを目的にしているからです。

 

骨をどこから採取するかというと、基本的には下顎の親知らずが生えてくる部位から切り取ることになります。
骨移植をする際には、その前に上記のような部位から自家骨を採取する手術が伴うこともあるのです。
インプラント手術の種類によっては、骨の移植とインプラント埋没作業を同時に行うというケースも見られます。

 

こうした場合は採取した骨を粉々にしたうえで、インプラントの周りの隙間に埋め込んでいくのです。
補う必要のある骨の厚みがそこまで大きくないときは、自家骨ではなく人工的に生成した骨を用いることもあります。
顎の骨の厚みが足りないという問題を解決してくれる骨移植ですが、インプラント治療に力を入れている歯科医院ほど腕も確かである可能性が高いのです。
多くの歯科医院を比較したうえで、納得のいく施術をしてくれる歯科医院を選びましょう。
 

関連ページ

インプラント周囲炎とインプラントの寿命
インプラント周囲炎とインプラントの寿命
骨が足りなくてもインプラントは可能?
骨が足りなくてもインプラントは可能?
インプラントとMRI
インプラントとMRI
インプラント手術前に知っておきたいこと
インプラント手術前に知っておきたいこと