グラフトレス治療とは

MENU

グラフトレス治療とは

インプラント治療は永久歯に近い噛み心地の歯を手にすることが可能な数少ない治療です。
ブリッジや総入れ歯とは一線を画した噛み心地と、周囲の歯に負担をかけない義歯であるという魅力が多くの方に認知されつつあります。
そんなインプラント治療における選択肢の一つとして存在するのが骨移植や骨造成といわれる過程です。

 

こちらは、自分の骨や人工骨を埋め込んで顎の骨に厚みを補うことで、インプラント治療に必要な骨の厚さを確保しようとする手術のことです。
これを活用することによって、今までインプラントを利用することが難しいとされてきた人にも画期的な義歯を装着していただくことが可能になりました。
今回は、そんなインプラント治療に差した新たな光明、グラフトレス治療について詳しくご紹介します。

 

グラフトレス治療とは、先述した骨移植や骨造成を行わないインプラント治療のことです。
顎の骨の厚みが足りないのであれば、インプラントの側を工夫するというコンセプトのもとで自家骨を取り出したり、骨の埋没手術に伴う患者の負担を減らしたりすることが出来ます。

 

具体的にどのような方法を用いるのかというと、インプラントにおけるテクスチャー、すなわち歯の根元にあたる部分のパーツを通常よりも短いものに変えるというものです。

 

骨に埋め込まれるパーツが短ければ、顎の骨に厚みが無くても埋め込むことが出来ます。
また、オールオンフォーと呼ばれる方法では、総入れ歯に似た形の義歯を少ない本数のインプラントで固定することで、骨造成が必要な箇所を避けて多くの義歯を皆さんのお口に埋め込むことが出来ます。

 

骨移植の手術をせずにインプラント治療を受けたいという人は、グラフトレス治療を採用している歯科医院を探してみましょう。

 

 

関連ページ

多くの歯を失った人はオールオンフォー
多くの歯を失った人はオールオンフォー
インプラント治療のメリット・デメリット
インプラント治療のメリット・デメリット
3つの義歯を比較
3つの義歯を比較