3つの義歯を比較

MENU

3つの義歯を比較

失った歯を補うには入れ歯やブリッジ、インプラントといった治療方法が存在します。
 
それぞれに特徴があり、患者となる皆さんは経済状況や審美的要素を求めるか否か、メンテナンスのしやすさなどを考慮したうえで選択することになるのです。
今回は、上記の3つの義歯の違いについて詳しく見ていきましょう。
入れ歯とブリッジは似ているようで異なる仕様の義歯です。
入れ歯は義歯の周りにバネのような金具が装着されており、これを周囲の歯に引っかけることで固定します。
一方のブリッジは義歯に連なった被せ物を周りの歯に装着するという手法で固定するのです。

 

入れ歯とブリッジの最大の違いは、自分で取り外せるかどうかです。
入れ歯は取り外せる分、お手入れはしやすいですが、装着が上手くいかないと違和感を覚えることもあります。
一方のブリッジは患者自身が取り外すのは難しいほどきつく固定することが可能なのです。

 

ただし、お手入れが難しい分、ブリッジを装着している方は定期的に歯科医院で状態をチェックしてもらう必要があります。
ブリッジや入れ歯のような嵌め込むタイプの義歯と一線を画すのがインプラントです。
インプラントは歯茎の舌にある骨に人工の歯の根元を埋め込みます。

 

埋め込むということは、インプラントそのものが自分の足で立っており、周囲の歯に引っかけたり被せたりといった形で負担をかけずに済むのです。
噛み心地は他の義歯も格段に永久歯に近づいていますし、歯冠の素材にこだわれば本物の歯に近い見た目を手に入れることが出来ます。
ただし、基本的には保険適用外なのでブリッジや入れ歯に比べると治療費が高くなりがちです。

関連ページ

多くの歯を失った人はオールオンフォー
多くの歯を失った人はオールオンフォー
グラフトレス治療とは
グラフトレス治療とは
インプラント治療のメリット・デメリット
インプラント治療のメリット・デメリット