インプラント治療が出来ないケースもある

MENU

インプラント治療が出来ないケースもある

インプラント治療は誰もができる治療と認識されている方もいますが、
治療が出来ないケースも存在しています。
まずは骨が足りない場合です。
インプラントを植えるための充分な骨の量がないと、
植えることは可能でも噛み合わせの力を支えるための
充分な骨がないと機能しないため、
インプラント治療をおこなえません。
このケースの場合は、
入れ歯やブリッジといった
他の治療法で治療をしなくてはいけません。
また、年齢が20歳未満の方は、
顎の骨の成長が完了していない可能性が高く、
状況次第ではインプラントを回避しないといけないこともあります。
また、歯並びや噛み合わせが悪く、
インプラントの予後を左右する可能性がある時は、
インプラント治療の前に矯正治療をおこなってから

治療をおこなうことになる可能性もあります。

 

インプラント治療をおこなう上で支障がある全身疾患があるという方も、
治療ができないケースに該当されます。
重度の糖尿病の場合は免疫力が低下してしまうため、
感染しやすい傾向が強く、
空腹時血糖値とHbA1-cがコントロールされていないケースは、
手術を見送らざる負えないことがあります。
骨粗しょう症を初めとした治療に使用される
ビスホスフォネート系薬剤の投与を受けている方は、
口腔内の外科処置自体が禁忌となっているため、
治療ができません。
そのほかにも、血友病や急性骨髄性白血病などの血液疾患や
アルコール中毒、精神神経症などの方は治療をするのが難しいです。
ご自身が上記に該当されているかどうかを確認した上で
歯科医院でインプラント治療をおこなうようにしてください。
安心できる歯科治療ならこちらの朝霞本町ファースト歯科です。